海外子女にとってどんぐり問題を解くことは日本語で深く思考する訓練になる

タイトルそのままです。海外暮らしが長い我が家の子供の日本語力は日本で育っているお子さんと変わらないくらいですし、中学の数学も日本語で書かれた参考書で勉強しています。

日本語の本もよく読みます。

現地校では現地語で問題なく勉強していますが、本人が言うには、どちらかというと日本語の方が得意とのこと。

どんぐり問題に取り組んだことが、日本語で深く思考する訓練になっていたのではないかと感じています。

問題は良いのだから、宗教っぽさがなければ本当に良いのですけどね(こればかり言ってる)。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる