過去ログ抜粋01(投稿順に読むには下から上へ読んでください)

[63] SONO 投稿日:2003/02/02(Sun) 16:07  [東海]
一年生の長男です。もう半年になります。ずっと年長さんの問題をしてきましたが、慣れてきたのかちょっと侮りがちになってしまったので、年末から一年生の問題に挑戦しています。難しくっていやだな~という反応は減り、頭を抱え込むことも少なくなったような・・・。それが良いのか悪いのか??
週末にどんぐり倶楽部をすることが多いのですが、難しそうな問題をあえて与えた方が良いのでしょうか?すぐに解けそうな問題とバランスをとってやらせた方が良いのでしょうか?問題の与え方で少し迷っています。
●既習事項で解ける問題でしたら、30-60分かけて1題だけ、ちょっと難しい問題を与えてください。ただし、時間が来たら途中でやめて、来週同じ問題を続けて下さい。1題を数ヶ月かけてもいい問題がたくさんあります。
●肝心なのは考える時間を持つことです。

[61] Mimi 投稿日:2003/01/26(Sun) 11:07  [関東]  
続けてお世話になります。
やはり年長さんの問題<0MX33>で
解答は「2ひき」となっていますが
読んでみて「9ひき」かと思います。
年長さんの問題を全部やってから1年生の問題を、と
思っていますが、週末の時間がある時にやっている感じなので
なかなか進みません。毎日1問などと決めてやった方がいいのでしょうか。
●9ひきですね。お世話になります。
●消化数は関係ありません。次の学年に進んでもいいですよ。また戻ってもOKです。解けない問題を探してゆっくり解くのがいいですね。

[52] りんご 投稿日:2002/11/28(Thu) 11:12  [九州]
こんにちは、あかい花としろいはなをあわせるとみんなで24ほんあります。
またあかいはなはしろいはなより6っぽんおおいです。
ではしろいはなはなんぼんあるのでしょう。
の問題をこのまえしてみましたが、かなり難しかったようです。
チョコレートに例えて、○ちゃんがお母さんより5個もチョコレートをたくさんたべたね。お母さんは10個たべたよ。○ちゃんは全部で何個たべたの?
ってきくとすんなり解け花の問題も絵をかいていました。
まず数を形でさわる→視覚と体に吸収させる→プリントで絵を書いてみる。という順番でしたものに対してはすんなりいくようですが、その辺の家庭でのはたらきかけがたりないものはやはり絵に表すことが苦痛なようです。
私の知識もたいしたことがないので、お聞きしたいのですが、掛け算、割り算、分数の足し算引き算までは積み木やおりがみ、料理をつくりながら経験をつめばなんとかなるのですが、分数の掛け算、割り算については正直やり方がまったくわかりません。その辺のアイデアがありましたら教えていただきたいのです。よろしくお願いいたします。
●分数も割算も[比]の問題です。比例式が分かれば一気に分かってしまいます。それまでは「同じ比率で変わるものがある」ということを実感するようにしておくといいですね。
●参考:分数の意味と分数の割り算→http://homepage.mac.com/donguriclub/warizan.html
●割算を比の問題として考えることが出来ると<分数の割算><数学の図形:三角形><理科の比例式>などに直結します。中学で理数系が弱いという子の原因は比の捉え方のようです。

[51] SONO 投稿日:2002/11/18(Mon) 08:31  [東海]
どんぐり倶楽部を始めて4ヶ月です。だいたい土、日で時間があるときに、少しずつ問題を解いていたのですが、いつも「どんぐりやってみようか」というと、決まって「えぇ~。(やだなあ)」という反応で、途中で、癇癪を起こして泣き喚くのがお決まりのパターンだったのです。それが、昨日は、ちがっていました。「わからない。」と言いつつも、少し時間を置いてからまた考えてみたり、一日中考えていたようなんです。私も、ああ、こういうことが、本当に自分で考えるということなんだな、と思いつつ、息子の変化にびっくりしました。少しせっかちなところがある息子ですが、一つの事をじっくりと考える楽しさを知ってくれそうです。
●良かったですね。第一段階突破です。後は、やらせすぎないようにすることです。
●絵が描けたら絵の動かし方はアドバイスしてもいいですよ。「こう書き換えると分かりやすくないかな?」「ふ~ん」という感じです。

[49] りんご 投稿日:2002/11/16(Sat) 20:50  [九州]
こんばんは。
今日は早速年長の問題2番目をしてみました。
かたつむりの問題はすんなりでしたが、さくらのはなびらの数の問題は絵を描くことは出来ましたが、答えを言葉で説明して書かせてみると(こうすけくん5枚おおい。)と書いておりました。
そこで、指導方法がわからなくなってしまったのですが絵を描かせてそれでおしまいにするのか、それともきちんとした日本語を指導すると言う意味で答えをきちんと言葉に書かせて修正する必要がありますでしょうか?
また、このさくらのはなびらの問題は読解力が大変必要になってくる感じを
うけましたのでその辺は親もきちんとした日本語を使うことと、読み聞かせの重要さを痛感いたしました。
ご指導をよろしくお願いいたします。
●答(正確な言葉)は気にしないで結構です。正確な絵を描くことが大切なのです。答を言葉で求めることで問題への意欲が減少するようであれば、強制的に指導してはいけません。小1の私の娘は、週1回1時間のなかで1問といて「お絵かき」か「折り紙」をしています。もちろん絵が描ければOKです。肝心なのは「分かんないから絵を描こう」という心の動きを芽生えさせることです。

[29] りょうママ 投稿日:2002/07/02(Tue) 23:25  [関東]
小1男の子の母です。最近どんぐり先生の文章題を発見して息子に年中問題からやらせてみました。ドリルの計算はできるのですが、文章題は彼にとって難しいようです。ひとりで考えてごらん、といっても彼には文章の意味がさっぱりわからないようです。そうなるとパニックになって、根気よく取り組むどころじゃなくなります。わからない→僕はバカだ→もうやりたくない、というふうになってしまいます。絵を描いたりすることもちょっと苦手で僕は絵が下手だから絵は描きたくない、となってしまいます。私も彼が自信を持つように対応しているつもりなのですが、いままでの育て方でなにかがいけなかったのかもしれませんが手遅れにならないうちに方向修正したい・・と少々焦り気味です。こういうネガティブ思考の子供をがんばらせるためになにかいいアドバイスをいただけないでしょうか?
●1にも2にも文章通りの絵を描くことです。計算や答は関係在りません。
●1行読んで1行分の絵を描く。次の1行を読んで絵を加える。文章の内容を全て描けたら終わりにする。
●最初は式も答えも不要です。答がないのだから答があっているも合っていないもありません。正しい絵が描けるまでは我慢比べです。
●必ず同じ机で同じ問題をお母さんも解いてください。
※是非BBSの過去ログを参考にされて下さい。

[22] mojya 投稿日:2002/06/12(Wed) 10:18  [中国]
先日、メルマガのウィークリーまぐまぐで、どんぐり倶楽部さんが紹介されているのを見て、早速登録させて頂きました。小1の娘がいるのですが、以前から考えずに答えばかり聞いてくるので、どうすれば考える力が身につくのか悩んでいました。その時に、ちょうど どんぐり倶楽部さんに出会って「これしかない!」と思いました。私が求めていた、考える力のつけ方・効率的な自学学習方の習得・先生への質問方法など、いろいろなアドバイスをされていて、私自身とても勉強になります。今日から早速”年長さんの算数文章問題”をやらせてみます。きっと、いつのもように「判らない~」と言って半狂乱になると思いますが・・・。それから質問なんですが、図の書き方に対するアドバイスは しても良いのでしょうか?あと”頭の健康診断”をしてみたいのですが、どうすればよいのでしょうか?
●図の書き方に対するアドバイス
→していただいて結構ですが、自力で5~6回は描かせてくださいね。
 教室では3週間でも同じ問題の書き直しをしてもらっていますよ。
 最初が肝心なのは「しつけ」と同じです。
 絵を見て「問題文とちがうねぇ」「絵の中に数字は書き込んだかな」
「この絵はどういうこと?これだと、こういう意味になるんじゃないかな」
 等々のアドバイスをしながら自力で何ページも書き直した後でなら
「こう描くと書いてあるとおりの絵になるんじゃないかな」という形で
 アドバイスをするのはいいことです。
 以前にも書きましたが、忍耐力も必要なのです。
●頭の健康診断(受診方法をよく確認してくださいね)
→小1ということですので「小1の1学期」の診断をしていいと思います。
→総索引の「頭の健康診断」→講演会「頭の健康診断」→頭の健康診断
→【小1・1学期の健康診断・画像1.2.3.4】で画像をクリックすると
 診断用のテストが表れますので印刷してお使い下さい。
●辿り着けない場合は→
 http://homepage.mac.com/donguriclub/check.html
 をURLに直接入力すると画面が出ます。
●答をまだアップしていないのでFAXしていただければ採点はこちらで
 します。その後、個人のHPに載せておきますのでご覧下さい。
●個人HP→http://homepage.mac.com/members0001/暗証番号.html

[16] まきこ 投稿日:2002/05/28(Tue) 03:11  [外国]  
どんぐり先生お世話になります。年長の問題から始めた小2の娘ですが、こちらの問題を始めて約1ヶ月が経ちました。始めの頃は、絵より先に式を立てようとし、また折角絵が描けても、今度はそれを式に立て直すことができないと言ってはよく泣いていましたが、だいぶ落ち着いてできるようになってきました。実際こちらの年長の問題に掛け算などの進んだ考え方が出てきますよね。数が少なければ、自分で書いた絵を数えて正解であれば良しとしていましたが、今後はこの絵から式に直させる作業はきちっとやらせるべきでしょうか?また、娘は九九を覚えた程度だったのですが、偶然私のミスで2桁で答えが3桁になるような掛け算の計算問題を渡してしまったのですが、黙って自力で解いてしまいました。どんぐりで考える力を鍛えているからかもしれませんね。親バカですが、これは嬉しい驚きでした。
●順調ですね。
●子供にとっては問題が内包している数学的項目は関係在りません。ですから、習っていない問題でも平気で絵を描いて解いていきます。※人はこれを本当の学力とか応用力とかいいますが、正しい考える手順(文→絵)を踏めば自然に出来ることなんです。
●今のところは、基本的に絵があっていれば、それでOKです。式をたてることはいつでもできます。肝心なことは、文章と絵が同じ事を正確に表していることです。他のことは、半年ぐらいは構いません(式もいりません)。
●子供が嫌がらなければ、算数では、こういう時はこう書いていいんだよ。と言いながら計算式(算数語)をかかせてもいいでしょう。
●しかし、式を書くことが目的ではないことを常に意識しておくこと。また、式と同時に暗算ではなく筆算をキチンと書いていくことが上達の秘訣です。複雑な問題では暗算は役に立ちません、反対に間違う習慣の基になってしまうからです。
●「黙って自力で解く」ようになるんですよねぇ。5分ももたずに叫びだしていた子が2-3時間同じ問題を黙って考えているところを見ると、教育ってのはこういうこと(自然に取り組む姿勢までが変わること)なんだと実感します。
●大人が掛算と思っているものは足算で、割算と思っているものは足算を分けて反対に考えて、という感じで解いてしまいます。計算の理屈と言葉の意味さえ分かれば絵を描いて解けない問題はないんです。<注意>この時に、割算ということばは教えないこと!
●四則計算の原点は足算です。従って、年長さんが小3-4の問題を解いても全く不思議はありません。問題が生じるのは、割算を形だけ覚えて計算だけ出来てしまうようにすることです。注意してくださいね。※教えるだけならルートの計算でも小学生に理解させることは可能ですが全く意味がありません。
●嬉しい驚きはもっと続くと思いますよ。お楽しみに!

[14] あまい 投稿日:2002/05/24(Fri) 09:26  [近畿]  
こんにちは。私のホームページのバナーまで貼って戴いてありがとうございます。ちょくちょく先生の問題を取り組んでいきたいと思っていますが、じっくり考える問題なので本人の意欲のある時&時間に余裕のある時にしたいと思っています。ところで、算数の問題に図形の問題はUPされる予定はありますか?ちょっと期待していたりします(^。^)
●察するところ三角形の相似の問題ですね。問題自体は中学受験用にありますが、残念ながらこのHPで掲載する予定はありません。
●比の問題を消化していれば1週間くらいで図形問題(三角形・四角形・円)は消化できます。図形を学習するときは図形だけを集中してして下さいね。もしも、受験用ならば受験する学校の過去問をお勧めします。図形は出題校によって癖がありますから、基本が分かっても全て解けるわけではないので要注意です。
●平面図形と立体図形は展開図も含めて中学でやっています。内容的にはパズルみたいな感覚なので小学生でも消化できるのですが、現時点では余分な項目と考えています。
●ただし、角度(30/45/60/90)が絡む三角定規の問題は何問か入っています。

[13] YOYO 投稿日:2002/05/22(Wed) 20:40  [外国]
始めまして。算数文章題のメルマガを見ました。メールマガジンを見て面白そうな問題だなと思ったので小5、小2の子どもたちにやらせて見ました。小2・問題を聞いて、じっと頭の中で考えて、答=12時の時計の絵を描きました。正解は11時50分だったのですが…小5・絵や図というより、問題の中の数字を書き出し割り算をしようと試み、直にあきらめました。絵や図で表すということが説明不足だったのと、考える時間をたっぷり取った訳ではなくて所謂‘お試し’だったわけですが、考える習慣がついていないこと、自力で解きたいという気迫がないこと、実感致しました。小2は年長問題、小5は小2問題が好き(これならできそう?)というのでここから始めてみようかと思います。「絵を描く」の意味をわかりやすく説明するにはどうしたら良いのでしょうか?例を示したほうが良いですか?ご助言ください。
●何事もそうですが、最初の一歩が大切ですです。「目で考える」ことを実感させるためには、絵図を書く方が楽なんだな(簡単になるんだな)ということを身をもって感じなければいけません。図解説明を公開していないのも実はパターン学習になる恐れがあるからです。昨日は小1の生徒が9回も同じ問題をしました。私は「文章通りの絵を描いてごらん」と言うだけです。最初は「分からない・描けない」の一点張りでしたが、いつも私の粘り勝ちです。
●とにかく、何かを描くまでは我慢大会だと思ってください。そして、その描いた絵を発展させて、問題を解いてください。
●学校の先生や塾の先生には注意事項として「できあいのヒントは出さないで下さい」と言っています。
●HPの中にサンプルという形で生徒が描いた(解いた)ノートを載せてありますのでお子さんと一緒にご覧になるといいと思います。各学年に分かれてはいますが、学年に関係なく参考になります。
●また、書き込んでくださいね。

[10] こぶたの魔女 投稿日:2002/05/13(Mon) 18:19  [東海]
こんにちは。こちらの勉強方を知って、なるほどと思いました。たしかに、長女は、計算ができて、学校のテストは出来るくせに、他の文章問題が解けないのです。以前から気にはしていたのですが・・・。1日一枚、今日で4枚目なのですが、やり始めたとたんにヒスを起こします。こうなったとき、私は、どう対応したら良いのでしょう。ちなみに、長女は、3年生で、2年の問題をさせています。
●計算が速い子によく見られる症状ですね。考える力がないのではないのですが「考えない癖」が付いてしまっているんですね。これは、色んな場面で表れますから早急に手を打つ必要があります。教室でも、一日叫んで終わりになる子もいます。6ケ月は我慢大会ですね。指導する方が我慢できないとされる方はもっと我慢できませんよ。
●我慢の仕方は、その子の性格によります。その子に有効な方法を考えないといけませんね。とにかく絵を描くまで一緒に机に付いておく、とか、読み上げさせて一行ずつ書かせる、とか、読んであげる、とか、無視するとか(教室だと「バイバイ」と言うこともあります)。
●時期的なことを言っておきます。小4から内容が格段に違ってきますから、今のうちに修正してくださいね。

[8] カタツムリ 投稿日:2002/05/11(Sat) 08:22  [九州]
ムツロックさんの投稿を見て少しホッとしました。小4の男の子の母です。公文式で小6まで進んでいましたが「どんぐり倶楽部」の算数文章問題(小4)には全く歯が立ちませんでした。青ざめるおもいで息子の様子を見ていました。これから何をどうすればいいのかアドバイスをいただければと思います。
●メールでも公文式とのギャップについての質問が全国からありましたので少し書いておきます。
●マラソンランナーがスタートダッシュの練習ばかりをしているとどうなるか想像してください。2時間走るうちの最初の3秒だけを格好良く走る練習をしてもマラソンとして見ると何の役にも立っていないのです。マラソンに必要なことはキチンとしたフォームで2時間キチンと走ることが出来なければ完走さえも出来ないのです。勉強はまさにマラソンです。子供達には未来があり先が長いのです。1ケ月や2ケ月で終わるものでもないし速い練習も時期を間違えると害になるだけです。(速さについては1年に何回か集中練習すればいいです)
●詳しくは→http://homepage.mac.com/donguriclub/kouenkai.htmlを読んでみて下さい。
●「これから何をどうすればいいのか」ということですが、1日に1題だけ30分~1時間かけて必ず絵(図)をかいてやってみて下さい。
●後ほど今までに頂いた感想を学年別に1つずつ掲載しておきますね。参考になればと思います。

[7] ムツロック 投稿日:2002/05/10(Fri) 13:39  [外国]
こんにちは。ここのHPに出会えて本当によかったと感謝しています。文章題を息子(小学一年)にやらせてみたところ、これが全くと言って言い程お手上げ状態。結構ショックでした。今まで、公文式をやっていて大丈夫だと思っていたのに・・・いかに読解力、考える力がないか、ということを痛感させられました。この問題集に出会えて本当によかったです。今まで算数の問題集(一年生用)を毎日やってますが、このどんぐり倶楽部のようなじっくり考える問題は、少ないように思います。今まで問題集1ページを10分位で終わらせていた息子にとって、一問だけにじっくりと時間をかけて考えると言う事はとても大切なことだと思います。息子の場合一日一問やっているのですが、大体自分一人では、答えがわからず私が説明しながら分かるまで教えています。そこで質問なのですが、一問解くのに一時間位かかる時もります。こんなにかかるものなのでしょうか?うちは海外に住んでいるので、日本語を理解するのにも少し時間がかかるもので・・・とにかく、少しづつでも息子と一緒に頑張っていけたらなと思っています。これからもよろしくお願いします。
●最初の6ケ月くらいは一問解くのに2~3時間かかってもおかしくありません。
●人それぞれですが、教室でも(週に2回)一問を3ケ月かけて解く子もいます。●もちろん、いつまでも同じ時間がかかるわけではありません。この文章題のおもしろいところは、新しい内容(他の問題)になったからと言って新しいことをするわけではなく「文章を絵にする→絵を見て目で考える」という同じ事をしているだけなので、どんな問題にも対応できるようになり、絵を描く(イメージ化する)ことも速くなります。
●速いことに重要な意味はありませんが、最終的には一時間で3~4問解けるようになるといいですね。
●1時間、同じ問題を考え続けることそのものが力をつけてくれます。学力とは実は集中力+忍耐力+洞察力なのです。知識はほんの少しです。~の解き方というパターン学習も本当の力は養うことは出来ません。
●「分からない」という子供の80%は問題の意味していることが分からないと言うことです。じっくり、言葉を伝えてあげましょう。
●「ゆっくり・ジックリ・丁寧に」お願いします。

管理人です……..。
▲▲メールにて一般的な問題集についての質問がありましたので参考までに返信内容を載せておきます▲▲
<一般的な問題集の使い方について>
●普通の問題集に共通していることは万人用に出来ていると言うことです。つまり、自分の子供用に作ってあるわけではないと言うことです。このことを念頭に置いておけば全てを1から満遍なくやることは効果的ではないことが自然に分かります。逆に、取捨選択することである程度、自分の子供にあった問題集ができるということです。ここのところが難しいのですね。子供の学力、忍耐力、集中力、その日の気分などを見極めて問題を選択する必要があるからです。
●以上のことは塾の先生達に教え方を教えているときに伝える基本原則の一部ですが、指導者に最も要求されることなんです。
●保護者が行う場合は、選択が難しいので文章題なら1ページの中で1題だけ、子供が選んでやる。コレでOKとします。親御さんの殆どは物足りないと言います。しかし、勉強は短距離走ではなく長距離なんです。短距離とは走り方が違うのです。どんなに速いロケットダッシュでも、それは疲れるだけで何の成果ももたらしません。
●結論を言うと、どんな問題集でもその中からその子にあった問題を選んでゆっくりじっくり消化すれば力にはなります。でも、消化不良になることが多いので気を付けること。特に子供任せは危険です。考えない習慣に陥りやすいからです。
<国語の問題について>
●国語の解き方は手順があります。普通、国語には長文1つに5-6問の設問が付いていますがそれをそのままやってはいけません。国語の問題を解く力を付けるためには設問別学習が最も効果的です。
→どんなに長い問題でも1問しか解かないのです。
→つまり、まず、問3(自分が苦手な形式の問題)だけを先に読んでおいて、設問が聞いていることの内容をよく理解する。(設問解釈と言います)※設問の意味が100%分かっていれば解くのはあまり難しくはありませんし、答え方も限定されます。
→次に、問3だけを頭の中で思いながら本文をじっくり読むのです。このときに問3以外のことは考えないようにする。
→すると、苦手な形式の問題でもとけてしまうんですねぇ。
→後の設問はやらないで終わりにする。→次に他の文章で同じ形式の設問だけを解く!
(※ただし、問題文自体はとっておいて他の問題形式をするときにまた使う
→すると既に本文を読んでいるのでとても楽に解けます)
→こうすると、短時間で苦手な設問の克服が出来る上に多くの問題文にあたることができます。
●設問の形式は100も200もありませんから1年在れば全ての形式を消化できます。
以上、国語を学習するときの基本を少々。

4] ぷぅ 投稿日:2002/05/07(Tue) 23:14  [東海]
はじめまして。小学1年と年中の女の子の母親です。本日登録させていただいたものです。まぐまぐからここを知りました。だんごむしの問題には、カミナリに打たれたようにショックを受けました。上の子は、繰り返し訓練により、学年より先に進み、読み・書きに重点を置いたプリントをこなす教室に通っています。(おわかりでしょうか?)現在、さほど早くはありませんが、2桁の引き算までできるようになっています。繰り返し計算することは、大事な練習だとは思うのですが、娘には考える力、本当の意味での力が不足していると感じていました。持ち帰った簡単な宿題も意味が理解できないようでした。問題は、
 ぶたのかずだけ○をぬりなさい。
 ○○○○○
というもので、ぶたは4ひき描かれています。
 ●●●●○
こうなれば正解だと思いますが、娘は
 ○○○●○
と4ばんめだけぬりました。これに対して、私は正解を教えてしまいました。このHPとの出会いが遅かったようです。間違えたまま提出した方が本当の意味で彼女のためだったのだと。自分でもそうですが、間違えてそれを考えて理解する。それを先生に質問できないとこれから大人になってから彼女自身が困るのだと、とても反省しています。繰り返し練習のプリントは、彼女の能力を超えているせいか最近は気分が乗らないようです。そこで、年長さんのかたつむりの問題を早速やらせると、とても楽しそうにチャレンジしていました。わからんノートはこれから作成させ、生きる力をつけさせたいと思っています。年中の娘に年長の問題は早すぎるでしょうか?お姉ちゃんだけ楽しそうなので、何かやさしい問題はないでしょうか。
●正道を歩むのに遅いと言うことはありませんよ。間違ったら原点に帰るだけです。ただし、一日に多くても2-3題にしておくことが長続きの秘訣です。腹八分といいますからね。
●年中さんの件ですが、保護者が読んであげるということであればお勧めします。その場合は、一行読んであげて、子供が考えながら一行分の絵を描くまで待つことが保護者の責任です。「もう一回読んで」と言われたら何度でも楽しく読んであげること、を約束して下さいね。読み聞かせと同じで、目的は楽しさを分かち合うことです。

[2] しらたま 投稿日:2002/05/02(Thu) 22:11  [北陸]
5歳と2歳半の娘を持つ母です。元来のんびり屋さんで、夢みがちの娘にどんな形で学ぶ力をつけさせる援助ができるだろうかと探していたところ、こちらと出会いました♪娘がお腹にいた頃から、「シュタイナー教育」関係の本を読み漁り(笑)!早期教育は絶対に反対。なんて。。意気込んでいたのですが。。。やはり、私も普通の母。周りの子と比べ、そろそろ「ひらがな」くらいは書けないと。時計も読めれば安心。。など次々にはじめてしまい。先日はついに、「百だまそろばん。」まで購入してしまいました。。(^‐^;)どんどん拍車がかかっていきそうな勢いに自分自身「いいんだろうか。。」と悩んでいたところでこちらのHPを発見しました。。。。「たすかったぁ。。」これで娘を必要以上に苦しめないで済むかな。ほっと。一安心した私でした。。(〃⌒ー⌒〃)ヨカッタ ヨカッタ
●しらたま様
●投稿第一号です。パチパチ……..。嬉しいです。
●え~、シュタイナー(ゲーテ→人智学)に関心があるのですね。
●とても、自然で効果的な教育方法なのですが、いかんせん日本では
 保育園があるくらいで21才までシュタイナーで通すことは不可能に
 近いですね。福岡には「こひつじ保育園」幼稚園だったかな、が
 あるくらいです。
●シュタイナー教育が受けられないことは、私も残念に思っています。
 実は、ドイツに行こうかななんて思っていたのです。
 ですが、実体験をさせながら、その中で教育的なものを伝えていく
 ことは親でもできますからね。頑張ってくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる