過去ログ抜粋02

[107] Agnes 投稿日:2003/05/12(Mon) 12:15  [関東]
「絶対学力」読ませていただきました。
気持ちが震えました。
早速息子にトライアングルナンバーズを教えましたところ、これなら見るだけでいいから簡単だと喜んでおりました。また、単位の概念も息子にぜひ教えたいと以前から思っておりましたものの、どう伝えていいものやら試行錯誤しておりました。(高校時代をアメリカンスクールですごしましたので、英語で単位を覚えると何の苦労もしなくて済んだのにと、高校生の時に実感したのです。意味をわからず丸暗記させられる子供達はかわいそうだって)息子は嬉しそうに、「キロキロと・・・・」と口ずさんでおりました。そして、PS2のメモリーなんかに出てくる、キロバイトって、1000バイトって意味だったんだと、納得しておりました。まだ習っていない単位にも物怖じせずについていけるってことですね。
本当に感動しました。
●よく言われるように子どもは才能の塊です、ですがその才能を守りながら引き出す術(すべ)を心得ている人は数少ないようです。
「絶対学力」ではその術を少し披露しました。子育てと教育の基本であり大原則です。
●保護者や先生を含めた教育者のみなさんが、この本を理解したときには教育そのものが一変するでしょう。また、聞こえが良いだけの不当な教育情報にも惑わされなくなるでしょう。
●お子さんにもよろしくお伝え下さい。

[109] 杉本 かおる 投稿日:2003/05/16(Fri) 23:28  [近畿]
分からん帳について、お尋ねいたします。
学校のテストでまちがった問題を分からん帳にはる場合、解答や解説は手もとにありませんよね。 その時は、問題と子どもの書いたまちがった式や答えも一緒に切り抜いて貼り、その下に、新たに問題を解かせて、先生に添削をしていただけばよいのでしょうか??
漢字練習について
練習は、一字にする。ということですが、一日に20文字くらいを一度ずつ練習して、10日間くらいで、一学年(今は小4ですので、200字ですね。)分を、ざっと書くということでしょうか? 前もって、読めるようにしておいて。
●「分からん帳」の目的は、そのノートだけで復習ができるようにすることです。必要な材料は全て揃えてください。どうしても解答がない場合は入れなくてもいいでしょう。同じような問題が必ず出てきます。
●1日五文字程度でどうでしょうか。ただし、丁寧に、止めはね書き順も。読むのは2日で1学年分でもいいと思います。漢字読本なら10分くらいで1年分できますね。

●エネルギーは有限です。100のエネルギーを持っている子が、もしも、A点からB点に行って楽しく過ごすとして、B点に行くのに90のエネルギーを使うと10のエネルギー分しか楽しめません。ところが10のエネルギーでB点に行ければ90のエネルギーで楽しむことができます。私は教育は人生を楽しめる力を付けることだと思っています。行く方法が一つしかないのであれば、その道を行くしかありませんが、花が咲き緑豊かな近い道が発見されたのです。その時、子ども達を前にしてどう行動すべきでしょうか。
※あなたには分かると思います。子どもは育て方一つで劇的に変わるのですから。

[114] りんご 投稿日:2003/05/20(Tue) 12:07  [関東]
一年生の問題42なのですが、娘は絵は描けても、式が
分からず、14+6=20と書いていました
式が立てられないということは、どのあたりが理解できていない
と考えられますでしょうか?
また、どのようにして式がたてられるようヒントを与えればよいのでしょうか?
アドバイスをお願いします
●この場合(手をつなぐ)の「余る」の意味を一緒に考えて絵で表す。
●独りぼっちの男の子がが8人。
●手をつないでる人は2人ずつだからペアで絵を描いていって20でストップ。
●書き終わったら男の子の列を数える。
※どうですか?
※式は立てられなくてもいいですよ。式は絵が描ければ必ず書けるようになるからです。
※式がたてられないのは全体から引いていくということと引き算が一致していないからです。ただし、この感覚は自然に芽生えますので急ぐ必要はないんです。
※大切なことは言葉を正確に絵図にできるかどうかです。

●視考力については詳しい本を出すつもりですが、簡単に言いますと。目で確認するためのメモと思って下さい。思考は普通「イメージと言葉(理論)」で作られます。イメージは体験に近いので納得しやすいんですね。
●子どもとの接し方は子どもと親との関係のぶんあります。子どもの様子をよく見て「お母さんなら、こうかくと分かりやすいな(←「こうかくといいんじゃない」とは言わないところが大切)」とお母さんはお母さんで自分の問題としてとくといいですよ。そうすると、子どもは自分がその方法に納得すれば真似しますし、納得できなければ「ふ~ん、でも僕はこっちがいいな」と自分の考えを使います。ココがポイント。
<参考までに>
●算数の文章問題教室の中で必ず「アリさん描けないからウサギさんにしていい?」と言い出す子がいます。小1の子が多いのですが、すると私は「いいよぉ。ウサギさんでもカメさんでもミノムシさんでも、宇宙人でもいいいよぉ」と言う。するとその子は「宇宙人はみたことないもんなぁ」等と言いながら、自分の大好きなキャラクターで絵を描きながら文章問題を解いていきます。この会話を聞いて「楽しそうだな」と思うだけでは教師失格です。この子は文字式を使う力を獲得したのです。文字式は中1で学習します。簡単に言うと数字を文字に置き換えて考えることを学ぶのですが、数学の第一関門と言われています。ところが、置き換えの本質は「アリさん→ウサギさん」でも同じなのです。これを小1が何の指示もされずにニコニコ笑いながらしているのです。良質の算数文章問題とはこういうものなのです。そして、この導きが教育なのです。絵を描くことは文字の記号化の第一歩です。文字も記号なのですが簡略化された記号が絵です。絵のシンボル化が数学の記号や数式です。このことを念頭に置いておかないと文章問題の指導は失敗します。

●今、今月から教室に来ている小4(男子)がいますが、4週間で2問目です。
 正しい絵を描くと解けるということを教わるのではなく自分で実感できたときから突然解けるようになります。それまではとてもゆっくりです。一日一題というのは、解き方を学ぶ速度ではありません。問題を解いているだけです。それでは何題解いても力にはなりません。
●×箇条書きにする→○不要(本文に線を引く)
●×どうしたら解けるかを考えて、絵、図を書く→○(反対です)まず、本文通りの絵を描く。絵を見て分かりやすく絵を描き直す。
※頭で考えて絵を描くのではなく、絵を見て考えるのです。全く反対です。文章で考えられない(難しい)ので絵を使うのです。考えた後で絵を描くのならば絵は必要ないということになります。確かに簡単な問題は絵を描かなくても解けますが、この時にも絵を描いて絵で解く習慣を養い、その結果、難しい問題でも自然に絵を描く状態にするのです。

●本にも書いておきましたが公立高校の入試分析をしておいたほうがいいですね。解けなくていいので「こんな風に聞かれるのか」だけでいいですよ。過去問題集を一冊買っておいて時々お遊びで見てるといいですね。
●勝負は入試一発です。中間期末で10点でも入試で100点取ればいいんです。
※小生の愚息も先週中間テストを終えました。テスト前のアドバイス「絶対勉強するなよ!直前にしたのは直後に忘れる。それじゃあ「分からん帳」ができんだろうが」入試のバイブルは「分からん帳」ですからね。
●算数文章問題は小4~小6でおもしろそうなのからバラバラにやっていいですよ。解けるものだけでもいいです。解くことが目的ではなく解く手順を身に付けることが大事なのです。「自分の描いた絵図を書いて解く」です。

126] チュー1 投稿日:2003/06/03(Tue) 01:19  [関東]
感激です。アドバイスありがとうございます。出来るだけ手抜きを心掛けます(^^)
本当はどう手抜きしながら(効果的に)勉強するかその方法を必死になって探してると言ったほうがいいかもしれません。
過去問題集さっそく買ってきますね。
実は昨日、書店で地元の出版社から出版されてるものを見つけたので、中を覗いてみました。
メチャメチャちっちゃい字でぎゅ~~~っと問題があり、つい、パタンと閉じてしまいました。
公立高校の入試過去問題集って、数社から出てるのでしょうか?もっと解りやすい(見やすい)ものがないか、探してみます。
それから「わからん帳」ですよね。テストが帰ってきていますので、このテスト直しから「わからん帳」を作ろうと思います。例えば、社会や理科の「わからん帳」だとどんな風に作っていけばいいのでしょうか。
数学、英語はなんとなくわかるのですが。
 ・社会の問題で間違えた問題をノートにはって、その正しい答えを書く
 ・この正しい答えとは=あ、ノートのあそこだっ!!てすぐ解ったとしたら、
 ・その部分(解説になる)をコピーして張っておく
 ・しかしこの解説部分の意味がつかめない場合は先生に聞きに行く。
とこんな具合でいいのでしょうか?社会、理科、国語の「わからん帳」の作り方について教えてください。
それにしても、「絶対勉強するなよ!!」はすごい。一度でいいから言ってみたい。
直前にした勉強は直後に忘れる。(私がそうでした。)う~~んそうですね。
「わからん帳」が出来なくなる。本当だ・・・・(ガ~~~ン)そういうことなのですね。
しかしこの地区では、悲しいかな一年生の成績から内申書に入るのです。
しかも入試と内申はほとんど同等の評価なのです。
それならば、テスト勉強しながら(問題集で解らなかった所等)「わからん帳」を作っていくという方法を取るしかないかな?
今の段階では問題集で出来なかったところには、わからなかった回数分だけチェックを入れてあります。方法を考えなければ・・・。
さて、文章題は2人とも、おもしろそう!!とやる気満々です。「解く手順を身に付ける」このアドバイスを胸に子供たちと楽しんで進めていきます。
●入試前に「わからん帳」だけの復習で全て自分の弱点は確認できるようにしておくことです。他は絶対に見ない。で、他から出たらキッパリ諦める。その代わり、「分からん帳」に入れてあるものは絶対取る!
●社会だけは問題集を最低でも5冊位用意すること。社会はまとめを覚えてもダメ。問題形式で問題のまま覚える。だから、問題文に解答が赤で書き込んである解説がついているものを選んで赤シートをかぶせて素早く覚える。手は動かさない。書かないで覚える。仕上げに漢字が書けるかかくにんするだけ。社会だけは問題集を沢山やる。
●理科は教科書の教科書ガイドを使って章末問題も完璧に仕上げる。あとは、学校配布の問題集+プリント+総合問題集1冊。
●国語は過去問題を検討してから何をすべきか決める。これは各県で全く異なるので分析が大切。だから学校の成績は関係ない。
※いずれにしても総合点でクリアーできるように作戦を立てる。

●難しいですね。学校の先生は基本的に十分に教え方をならって先生になっているわけではないので、先生になった後で、自分で教え方を勉強しないとならないのです。ですから、相当志が高い人でないと「教えられる」ところまではいっていないようです。
●さて、アドバイスですが。娘の話をしましょう。現在小2です。小1の3学期に不登校を楽しみました。2ケ月程学校には行きませんでした。遠足には行きましたが…..。その時に私が決めたことは1つだけです。楽しい時を過ごせるようにしよう。多くの人は「学校にも行かないで….」「学校に行ってないんだから…はしてはいけない」となるようですが、私は「学校に行っていないからといって、楽しく過ごしてはいけないのだろうか?….いいはずなのです」これが結論でした。娘は、十分に不登校を楽しんで小2から、どうにか登校しています。自分の中で整理をつけたようです。
●塾は知りませんのでお答えできませんが、お友達でサークルのようにして勉強されてはどうですか?何をどうすればいいのかは子供さんをよ~くご覧になれば答えは出てくると思います。

[137] SONO 投稿日:2003/06/29(Sun) 22:08  [東海]
小学2年生の母です。もうそろそろ1年になります。まだゆっくりと、1年生のちょっと難しいかな?という問題を選びながらやっています。なかなかすぐには解けなくて、ノートを何ページも使って格闘している姿を見ると、ちょっとは成長したかな?と感じています。やはり1問に1ヶ月ぐらいかかっていることもあって、本人いわく、「毎日考えていると、頭がどんぐり倶楽部で一杯になる」とのこと。でも、かなり根気もついて、「考える」ということに慣れてきたという印象です。今年の夏休みは、トライアングルナンバーズに挑戦してみようと思っています。ゲーム感覚でのってくれるといいんですけど。
●根気と考える力は育てにくいものの代表です。そのどちらもが育っているようですね。
●計算はトライアングルナンバーズと筆算だけでいいですからね。

ヒントも出せないし。
どうやってクリアしていけばいいのでしょう?
とにかくできるまでやらせることでしょうか?
できないと「この問題、難しいからやりたくない」と言い出すのですが
どうしたらよいでしょうか?
●お母さんが自分で「お母さんだったらこう描くかな」とお母さんが解くのはいいですよ。可愛いモグラでお願いしますね。お母さんも楽しんで下さい。

141] けいと 投稿日:2003/07/08(Tue) 15:07  [四国]
昨日からどんぐり倶楽部へ参加させていただきました、小3男子です。
3年生の問題はうちの子には難しすぎますので、小1から取り組むことにしました。
教科書の問題もそうなのですが、答えはわかるが式がたてられない・・。1MX01の問題で、白い亀が何匹いるか・・・、2匹と判るのだけど、どこから出てきたか判らない・・・。8-6=2とするのは、うちのこの中では、赤い亀8から赤い亀6を引くので、赤い亀が2のこる・・・。だから、白い亀をもとめる式ではない・・、と主張します。
こんなこと考えてたなんて少し驚きました。
ちゃんと親が指導していけるかどうか不安もありますが、マイペースでやって行きたいです。よろしくお願いします。
●「できる」と「分かる」が全く違うことを教えることが第一歩ですね。
●絵を描かせてみると考えていること・考えていないことがよく分かります。まだ間に合いますよ。

[143] MIMI 投稿日:2003/07/09(Wed) 20:22  [外国]
はじめまして、小2の娘と、もうすぐ5歳になる息子がいます。
現在、海外に住んでいて、駐在のため、何年か後には日本に帰ります。現在、娘を私立の日本語補習校に入れています。2年生の一学期が終わり、現在娘は漢字に自信をなくし、勉強をするのを拒みます。また、文章題を解く根気も以前より減ってきています。宿題を嫌がり、叫んだり、泣いて反抗します。私自身も学校の神経質さというか、細かいところが気になっています。どういうところかと申しますと、線は定規で引かなくてはいけない。漢字の(たとえば)「高」の上の点が縦ではだめ。など、漢字に関しては、かなり練習をしているのに、成果が上がらず、また、直しが多いので、達成感もなく、機械的に時間だけかけている気がしています。その上、私もこの一学期間、宿題を管理して、娘に厳しくしてきました。時間がない上に、いつも宿題に負われ、子供の話を心から聞いてあげるときが少なかったように思います。
それに変わる教育機関(方法)がまだ見つからないので、そのまま通わせている状態です。塾、公文式はどちらも違うような気がします。家庭教師をお願いするのが、いいかもしれないと思っているところです。もし、いいアドバイスがあれば教えてください。私自身も絶対学力を購入して読み、自分なりに考えてみたいと思っています。
●学校側と話せるのであれば「宿題はさせません、責任はとります」とすること。そして、絵本をお母さんが読んであげることです。漢字は学年に関係なく読めて意味が分かればいいのです。算数は筆算だけを正確に出来ればいいのです。他は子供が好きなことを一緒に楽しむことです。学力の伸びは言葉と結びついた体験にあります。
●小学校時代に、評価されるために使っている時間は全て無駄な時間です。楽しく入力するための時間に全ての時間をあててください。そうすれば楽しく本当の学力がつきます。ただの計算練習や漢字書取は基礎学力とは全く違います。
●詳しくは次回の本で書きますが、outputの練習は全く不要であること、楽しいinputが全てだと言うことを肝に銘じることです。ここがずれると教育は失敗します。
●具体的には
国語:絵本(本)を読んで聞かせる。そして楽しむ。
算数:筆算を毎日1-4題。文章問題を1週間で2-5題のみ(HPからどうぞ)
他は楽しく過ごすことです。

●小4の間はHPの算数文章問題だけでどうですか?あとは厳選した筆算を1日4題くらいですね。

149] Yukie 投稿日:2003/07/12(Sat) 00:25  [北海道]
はじめまして。小学1年の男児の母です。
今まで息子に学習教材は何も与えてきませんでした。どれも、とてもよいとは思えなかったからです。
幼児期、ひたすら遊ばせて育て、入学半年前になっても字を書くことに興味を示さない息子に初めてちょっと慌てて、他の幼稚園の時間外の教室に入れてもらいました。
このとき、いつも待っていたけれど、初めて、ふさわしい?時期に少し刺激を与えることの大切さも知りました。3月生まれということもあり、親としては出来るなら入学を1年遅らせても良い、と思っていましたが、今はそれなりに元気に学校に通っています。
ここに来て友人からどんぐり先生の著書を紹介され、教えが頭と身体にすんなり染み込み、この時期に出会えて本当にラッキーだと嬉しく思っています。
ご教示いただきたいのですが、年長問題から始めましたが、彼にはとても難しく、全くわからない状態でした。無理だったと思い、「やめよう、また7歳くらいになったらやってもいいし」などと声をかけると「絶対やめない」と言い張ります。文章理解もどう絵を描くのかもわからないということが続き、「お母さんだったらこうするなー」も重なれば逆効果のような気がして、先生の文章問題を真似て彼が出来るように作り変えて毎日ノートに問題を書きました。
出来ることで自信をつけさせたかったこともあります。
「あわせて何個?」の問題から先生の問題の数字を小さくしたりわかりやすく段落を変えることでだんだん出来るようになりました。最近はそのままでも出来る問題も増えてきましたが、親が見て解けそうな問題を先に出してしまう傾向にあります。出題の順番どおりにやることは必須でしょうか?
また、今までのやり方が先生の方針と照らし合わせてずれてしまっていたならお許しください。これからの方法もご教示いただけたら嬉しいです。
●満点の指導です。
●あなたのお子さんは幸せ者です。

[152] けいと 投稿日:2003/07/13(Sun) 08:06  [四国]
昨日トライアングルナンバーズをしていた(一応九九はいえるが遅い、とーきどき間違えありの小3)が、
「あれ、九九をいわなくても答えがわかるのがる!!??」と、
にっこりしました。(はやく全部がそうなってほしいなぁ)
逃げ腰だった文章題(小1用)も、「エ~、足が奇数のいきものってあるんかな??」と、算数とは違う方向へ行きながらも、少し楽しんで(?)取り組み始めました。
まだ始めて数日なのですが・・・。
親もくじけず続けて行きたいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
●トライアングルナンバーズは人類最速ですから慌てないでマスターして下さいね。
●解けることが重要ではなく文字を絵図にしてしまう力が大切なのです。

[153] ばじる 投稿日:2003/07/14(Mon) 13:04  [東北]
先日は、早速のご回答ありがとうございました。じつは、あれから“絶対学力”を拝読させていただきました。(すみません。順番が逆ですね。)今までは、無理に寺子屋式の徹底にまい進し、家庭内もギスギスしはじめていたものですから、本当に、先生のご助言・あの本に出合えたことでふっきれました。今からで、大丈夫なのかという不安はありますが・・・。
ところで、具体的な勉強方法について質問です。
1 中学校でのベースになる理・社は普段どのような学習方法をとればよいのでしょうか。
2 わからん帳を作りはじめましたが、作り方②のところで、“自分が解いたところまで・・・”とありますが、間違えた解答をあえて書くということでしょうか?(間違えた解答も切り貼りOK?)それとも、もう一度問題を解いてみるということでしょうか?
3 わからん帳の添削後は目でみるだけでよいのでしょうか?時期を置いて、改めて解いてみたほうがいいのでしょうか?その場合、どの位、間隔(期間)をおくべきでしょう?
4 年中のこどももいるのですが、年中用のどんぐり文章題はないのでしょうか?
こまごまとお聞きして申し分けありませんが、ご助言よろしくお願い申し上げます。
●理社は教科書を読んで分からない文字を説明するだけです。覚える必要はありません。中学でガンガンやって下さい。
●もう一度問題を解いてみるということでしょうか?→そうです。
●添削後は目でみるだけでよいのでしょうか?→正しい考え方の確認です。
●時期を置いて、改めて解いてみたほうがいいのでしょうか?→中学になるときで良いですよ。
●年長からです。

[162] MIMI 投稿日:2003/08/18(Mon) 07:03  [関東]
先日はアドバイスありがとうございました。
他の方へのアドバイスなども読ませていただき、とても参考になり、又、心強く思っています。お忙しい中ありがとうございます。
通っていた学校を辞めまして、娘が体験授業を受けて気に入った塾に9月より通うことになりました。空いた時間を親子で楽しむ時間にしようと思っています。
お返事は9月以降でかまいませんが、質問をさせていただきます。
アドバイスの中で算数 筆算を毎日1-4題とあったのですが、現在2桁2桁の足し算、引き算をやっていますが、それでよろしいのでしょうか?また、まだ掛け算の九九が出来ません。楽しく教える秘訣などありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。
●「10の補数と九九」以外は全て筆算でするようにしてください。
●九九は「三角計算」を使いながら小さい数×大きい数の方だけを九九で覚えて下さい。そうすれば九九は36個で済みます。「九九の暗唱」はとても優れた記憶法です。

[164] まきこ 投稿日:2003/09/15(Mon) 19:41  [外国]  
ご無沙汰しておりましたが、どんぐり先生のご活躍いつも嬉しく拝見しています。
「三角計算ドリル」が発売されると聞き、それも大好きな矢玉四郎先生の
イラストとご推薦付きでかなり興奮しています! 本当に素晴らしいことです。
おめでとうございます!
もう日本で発売はされたのでしょうか? アマゾンなどネット書店の予約ペー
ジにリンクをできましたらお願いします。知人にも是非とも薦めたいです。
我が家では、イギリスの学校で掛け算を12の段まで暗記しなけらばならな
かったので、3年生の娘の為に三角計算の枠だけを書いた、数字を書き込む
だけで作れるシートをたくさんコピーして、掛け算の練習をさせました。
三角計算の画期的なところは、掛け算の練習をしている様でいつの間に割り
算もわかってしまうという点ですよね。
ひとつ意見を述べさせていただければ、「トライアングル・ナンバーズ」と
いう呼び名に私は抵抗を感じているのです。
なぜなら英語で Triangle Numbers と言うのは、例えばおはじきなどを並べて
正三角形が作れる数の事を示すからです。具体的には、「1, 3, 6, 10, 15, 21…」
同じように正方形が作れる数の Square Numbers 「1, 4, 9, 16, 25, 36…」
もあり、小学生から暗記させらるもので、計算する事とは意味が異なります。
ですので「三角計算」で名称を統一されたらよろしいのではないでしょうか。
●アドバイス有難うございます。トライアングルナンバーズの呼び名が英語にあったとは知りませんでした。ホームページでも変更していこうと思います。とりあえずトップページは「三角計算」にしました。

[165] ひろひろママ 投稿日:2003/09/23(Tue) 09:46  [関東]
149のYukieママのように、問題を子供の理解力に合わせて、
噛み砕いて、設問し直すことをしないと、なかなか1人でできません。1年生ですがまだ年長さんの問題をやっているところです。
最近1人でできる問題も増えてきましたが。
先生はその年齢にあった国語力を特に意識されて問題文を作っていらしゃるのでしょうか。わが子の力不足なのでしょうか。
●子供達を見ていますと、読解力不足と言うよりも「言葉を正確に絵図にできない」「答えを早く出そうとする」ことが多いようです。
●実際に、1行ずつゆっくりどういうことか聞くと分かるようです。いわゆる学力に関係なくです。
●よく見ると子供の国語力は実に優れています。

[173] ゆりこ 投稿日:2003/10/06(Mon) 12:36  [近畿]
いやいやながらの文章問題の取り組み、今朝は、青い絵の具一本につき、画用紙6枚使うという問題、基本を私が書くと、同じように四角を画用紙にみたて、描きました。4本の絵の具分、24枚書き終えて、はじめから数えることで、答えをだしました。足し算にするという考えは出ないようです。どんなタイミングで指導をしたらいいのでしょうか。
●絵を描くのに飽きて計算ですることもありますし、全体の絵を見て「あ、足し算だ」となることもあります。ですが、計算させることを重要視してはいけません。絵を見て「これって足し算でかけるかもしれないね」くらいでとめておくのもいいですよ。タイミングは個別です。

175] にわとり 投稿日:2003/10/08(Wed) 22:52  [近畿]
はじめまして。
小学2年生の娘がいます。
ドリルなどをさせすぎたせいでしょうか、年長さんの問題から始めましたが、よく読みもしないうちからあきらめて、「わからない、わからない。」を繰り返すばかり。どんぐり先生がおっしゃるように、「楽しく、気長に」とは程遠く、ガミガミグチュグチュ・・・。大声で怒鳴りつけたりもして,反省ばかりの毎日です。絵を描くって難しいようです。ヒント
は、まったく出してはいけないのでしょうか?
それと、図形の学習は、どのようにさせればよいのでしょうか?
●「わからない、わからない。」を繰り返す…ということは「考えることが出来ない」ということです。「考えることが出来ない」とは「文章を絵図にできない」ということです。お母さんは答えを求めていませんか?答えは関係ないのです。まずは文章を絵図にすることです。それだけでいいのです。答えは見えてくるのですから。
●「図形の学習」は主に言葉と図形の確認だけです。数学語を覚えると言うことです。

[183] ゆりこ 投稿日:2003/10/15(Wed) 12:37  [近畿]
あわせていくつは、生活のなかによく出るので、説明&理解しやすいのですが、引き算に関連する、問題になると、先に進めません。違いはいくつが、生活の中で使わないからでしょうか、絵もかけない子にどのように、皆さんは教えているのでしょうか?ヒントをください。
●正しい反応ですね。子供は「差」とか「違い」の意味を分かりません。
●ところが「同じではないところ」というと分かりますよ。
(例)6本足のカメさん、と4本足のカメさんの絵を描いて「同じでない足は何本?」です。やってみて下さい。
※右手と左手でもいいですよ。要は言葉です。
●人間の反応は殆ど同じですから、子供が「分からない」所は決まっているんです。

[184] あすなろ 投稿日:2003/10/15(Wed) 16:21  [東海]
以前書き込みいたしました、小二男児の母です。
先生の締め付けも少し緩やかになり、宿題、支度、については
口出しをしないでやっています。
今日、ふと引き出しを見るとプリントがあり、繰り下がりの
引き算が全滅でした。
3ケタから2ケタを引く、1回繰り下がりの問題です。
例、124-32
1学期から先生が怖いのでわからなくても聞けないと言っていましたし
私にも聞きたくなくてそのままになっているようです。
これはこれでキチンと理解させる必要がありますよね。
やはり親が見てやらなければいけないのでしょうか。。。
●「124-32」は筆算で必ず理解させなければいけません。先生が怖いのであればお母さんですね。ノート1ページに大きく一問だけ書いて解いてください。左ページにお手本を書いて右ページに同じ問題をキチンと考えさせながら解かせます。一日一問だけにします。筆算の場合、一問解ければ全て解けます。じっくり見てあげて下さい。30分で一問!でOKです。
※参考:筆算導入「ビジュアル筆算」を作りました下記のURLから見れます。
http://homepage.mac.com/donguriclub/hissann.gif

[188] あまい 投稿日:2003/10/18(Sat) 10:06  [近畿]  
こんにちは。お久しぶりです。BBSに書き込みありがとうございました。
たまにどんぐり倶楽部をのぞきにきて、割と小さい子供さんの親御さんがいろいろと悩まれているのを拝見し、自分の時はどうだったかなぁと記憶をたどってみたりします。
10の合成分解、大事なことだと思います。
その上に私は次のことも大事だなと思っておりました。
10の合成分解でとどまってしまうのではなくて、18の合成分解です。私は素人なのでよくわかりませんが、子供が小さかったとき18までの合成分解に力を入れました。
お風呂の中とかで(2,3分ですみます)、「全部で15、お姉ちゃんは7個のキャンディ、じゃ、あなたは?」この問題をやっていました。はじめは「全部で10」とか「全部で8」とか、少ない数から。キャンディを鉛筆に変えたり(これも、次は何にしょうかねぇ?と本人に考えさせたり。全部で○というのも何にしょうか?と本人に決めさせたりしました)。
18までするのは、筆算で引き算をするときに必ず役にたつからです。
このやり方がよかったのか悪かったのかわかりませんが、おかげで筆算で困ることは全くありませんでした。
誰かの参考になればと思い、素人の実践例ですが紹介します。
説明の仕方が下手ですいません。
●有難うございます。[From どんぐり倶楽部:T.Itoyama]

[187] にわとり 投稿日:2003/10/17(Fri) 23:44  [近畿]
先日は、お返事ありがとうございました。
早速ですがお尋ねしたい事がございます。
先生は、年長の算数文章題のところで「基本的にはよんであげながら一緒に絵を考えます。」とおっしゃっていますが、どうもうまくいきません。例えばかぜのうたの問題であれば、どのように導いてやればよいのでしょうか。絵をかきやすくするために、ポイントになる言葉をわざとゆっくりよんだりしてしまいます。
●急いでいませんか?最初は1問に数ヶ月かかるこもいるんですよ。
●自分で読めれば読んであげなくていいですよ。読めなければ何十回でも読んであげるんですよ。
●勉強の様子や時間を詳しく書いてみて下さい。
※最初は指導と言うよりも我慢大会です。根負けして絵を描くようになる子も大勢いますよ。絵を描けなければ考える力は付きませんから我慢のしどころです。

[189] にわとり 投稿日:2003/10/18(Sat) 10:31  [近畿]
ご返信ありがとうございます。             1,2回 読んだところで「わからない。」を連発しながら、とりあえずは登場人物の絵をかきます。その後は、「おしえてー。」となり、一文ずつ考えていこうと声をかけてもだらだらしていやがります。大体、時間にして4,50分だと思います。こちらがすぐにイライラしてしまうので,また明日ということにします。翌日は、問題の数字を小さくしたり登場人物をお友達の名前に書き換えたりして、もう一度やらせます。その際、我慢しきれず説明したりヒントを出したりしてしまいます・・・。急ぎすぎているのが自分でもよくわかります。娘もそんな私の態度から、ヒントを待つばかりでじっくり考えようとしません。どんぐり先生のご本から、良質
の問題とも出会えたのに。教え込まず、ヒントも出さない我慢の仕方がわかりません。
●分かりました。まず、最初の「分からない」を絶対に言ってはいけないことにしてください。言葉に出してはいけないと言うことです。言葉に出すと、自分で自分の思考を止めていいんだという「許可」を与えることになるので後はヒントをもらうめで考えようとはしません。ルールとして分かっても分からなくても「分からない」とは言わないということです。
※すぐに「分からない」と言う子には2種類あって「分かろうとする意志がない子」と「分かるんだけど時間がちょっとかかりそうなので一応分からないと言っておこうと思う子」のようです。文面から察すると残念ながら前者のようです。ただし、これは能力の問題ではなく習慣(態度)の問題なので我慢大会が最も効果的です。
●我慢するとは一緒にジッと待つだけですよ。これが難しいんですけどね。今、5月から教室に来ている小4の子は、読むのは難しい漢字も読めますが全く絵図を描かない子です。教室は1時間ですが、右を見たり左を見たり、で進みません。私は「絵を描かんと分からんよ」だけです。2ヶ月後に一行ずつ絵にして描いて見せて、絵で考えるように言います。この先はできるのですが、また次の問題で同じように我慢大会です。
●ですが、この我慢大会の繰り返し以外には自発的に描けるようにはならないので仕方ありません。※この子は暗算を随分やってきた子です。
●毎年、何人かはいます。描かない習慣を付けられてしまっていたのですから仕方ありません。しない習慣は実に頑固ですが、する習慣も付けられるんです。
●言葉でも、子供には100回言って1回通じると思って下さい。教育とはそういうものです。与え続けるのみなんです。

●大事なことを忘れていました。「分からないと言うこと」と「質問があると言うこと」とは同じ分からないでも雲泥の差があると言うことです。その意味で「分からない」とは言ってはいけないということです。教室では大前提ですので書き忘れてしまいました。

[193] ゆりこ 投稿日:2003/10/25(Sat) 08:59  [関東]
絵を描くは、丸でもいいんでしょうか? 引き算がわからない子が、十六個、○をかき、そのうちの三個に×を書き、答えをだしました。これがいずれ、引き算に到達することになるのでしょうか? 初めて一人でよみ、書き、引き算の答えがでました。感動です。うちの子も、やればできるんだ。みなさん、ひとつの問題に何日、何週間かかけておられるようせすが、うちは、「一日一問」わからなくても、次の日は、次の問題、得意、苦手が、すこしづつ見えてきます。自分でわかったことに、もっともっと自信をもってほしです。あっといけない気長に見守らなければいけないのに・・・・
>>絵を描くは、丸でもいいんでしょうか?
●もちろんです。○でも△でもなんでもいいんです。文章を記号化することですから、絵図なら何でもいいんです。計算式は抽象化の程度が激しい記号です。ですから、計算式を一気に求めてはいけないんです。
●1月に一度くらいは「分からない」問題を必ず解く練習をするといいですよ。考えると言うことには忍耐力も要求されますからね。

[196] エルマー 投稿日:2003/10/27(Mon) 06:00  [東海]
アドバイスいただければ幸いです。けむしのおけいこの問題をやりました。小1の息子は、くねっているけむしを一匹書き、その横に「ヒリヒリ1かい」と書きました。その下に同様にけむしを書き、「ヒリヒリ○かい」と、ヒリヒリが8回になるまでけむしを書いて、4回という答えを出しました。
間違ってはいないのですが、私としては、ヒリヒリ8回を○等で表し、2回ずつ区切ってやって欲しかったなと。息子のやり方は、おつりを足し算でもらった様で、違和感があるのです。
この場合、こういうやり方もあるよと教えた方が良いのでしょうか。始めて間もないので、今は解けた喜びを存分に感じさせた方が良いのかなと迷っています。
●全く絵図が描けない時に「お母さんならこう描くかな」といって絵を描いてみせるのと「別解」を示すのとは全く違います。今は全く不要です。
※自力で解いたのにお母さんが、その努力を一度全部否定することになるからです。子供によっては自分自身を否定されたと受けとる子もいます。自信を持たせるべき時に不安材料をわざわざ提供してはいけないということです。割り算の構造など一瞬で理解できる時があります。それなのに、そんなことのために(目先の知識のために)楽しさを奪ってはいけません。勉強嫌いやマニュアル人間への第一歩になってしまいますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる