お宝帳 1MX25 どんぐり歴4ヶ月 8歳 ×

 

<1MX25>  2017年3月21日⇨7月11日 ×

3ぼんの でんせんに でんせんがめが とまっています。

1ぽんめの でんせんには 8ひき、2ほんめの でんせんには 11ぴき、

3ぼんめの でんせんには 16ぴき とまっています。では、まえから

6ばんめと うしろから 5ばんめの あいだに いる すべての かめを

たすと なんびきに なるでしょう。

 

関連 前回の取り組みはこちら⇩

https://donguri-child.com/1mx25/

 

 

問題文を絵にすることはできました。前回よりわかりやすく書いています。

 

しかし、「〜の間にいる」の意味を性格にとることができなかったみたい。

 

これは単に、うちの子供の日本語の問題なのか?日本で育っている日本のお子さんも「〜の間にいる」を性格に捉えることが難しいのか?どちらなのかよくわかりません

 

こういう時に、人生の半分以上を日本以外で過ごしているうちの子供の日本語は大丈夫かしら?とふと思います。

 

うちの子供にとって、でんせんがめとは、「デンセンガメ」という名前の鳥なんだそうです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる