どんぐり問題 1MX30 どんぐり歴0ヶ月 8歳

どんぐり問題

どんぐり問題

 

<1MX30>  2017年3月20日

ミミズのニョロは 3しょくの たからばこを みつけました。あかいろの たからばこには きいろの たからばこよりも 4こ おおい たからが、きいろの たからばこには あおいろの たからばこよりも 2こ すくない たからが はいっています。

たからばこを あけたら、みんなで 30この たからが ありました。では、あかいろの たからばこには なんこの たからが はいっていたことに なるでしょうか。

 

2年生にこんなのできるのかな、と思って選んだ問題。

 

前半を読み上げ終えると、いきなり、「『黄色の宝箱には、青色の宝箱よりも2個少ない』だから、『青色の宝箱は黄色の宝箱よりも2個多い』んでしょ。」と一人でブツブツ言い始めました。

 

1ページ目は、問題を聞きながら絵を描いて、答えを出すために丸を描いて考えたものの、正解に至らず。本人は、結構自信ありげに「14個!」と答えました。答えが違っていることを告げると、悔し涙を流しました。⇨答えが違っているから、ここでサックっとわからん帳行きにするのが正解ですよ!

 

本人の申し出により、このまま延長戦へ突入。

 

2ページ目に移り、またまた「『黄色の宝箱には、青色の宝箱よりも2個少ない』だから、『青色の宝箱は黄色の宝箱よりも2個多い』んでしょ。」とブツブツいいながら丸を描いて考えました。

 

どうやら、『黄色よりも赤は4個多く、青は2個多い』という考えに囚われている様子。本人の解き方においては、ここがポイントでした。

 

最終的に、30個の丸を横10個づつ3列に描き、左から縦に赤を4つ、青を2つぬり、縦の棒線を引きました。ここで、縦の棒線の右側の丸について、24➗3=8の筆算をしてみた様子。24は30−6のこと。暗算はしないように伝えてありましたが、うっかりやってしまいました。

 

(この計算で、なんの確かめになったのかわかりませんが。だって、絵を見れば、それがそのまま描いてあるじゃない!?)

 

それから黄色を8個塗り、その真下の丸8個を赤で塗ったところで『赤は黄色より4個多い』ということがわかり、さらに残りの丸8個を青で塗ると『青色の宝箱は黄色の宝箱よりも2個多い』となりました。これをもって、答えを確信した様子。

 

答えがあっていることを伝えると、本人が「宝箱の中身は、同じものがいくつか入っているのではなくて、いろいろなものが1つづつ入っている方が嬉しいと思う」とか言いながら、ご機嫌で3ページ目に絵を仕上げました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる