環境設定 学年末の行事が終わって夏休みを待つのみ 事業仕分けしておいてよかった〜

早いものでもう7月。うちの子供が通知表をもらってきたの2週間前。夏休みはこれからだというのに早っ!!!残りの授業をうけながら長〜い夏休みを待つばかりです。

 

さて、以前の記事にも書いた通り、6月は学年末なので色々な行事が重なって忙しく成る時期。昨年の反省を生かして、今年の6月は忙しくなりすぎないように調節しました。グループ演奏の練習や各種パーティーに顔を出す回数は半分以下になりました。

 

その結果、大正解でした!普段の生活ペースから少し忙しくなった程度で、土日にも余裕がありました。学校の学芸会も無事終了。1年に1度のイベントなので子供たちは大張り切りでした。

 

そして、楽器を習っているうちの子供は、毎年グループ演奏と独演に出演していました。今年はグループ演奏をあらかじめ断っておいたので、独演に集中できました。普段の練習量で集中して練習できて、本番は良い演奏ができました。誕生日会に去年は3人分お呼ばれしましたが、今年は1人だけでした。ちょうどよい活動量。母もそれぞれの行事を楽しみ、機嫌よく乗り切ることができました。

 

6月半ばになって、クラスメートから6月最後の週末に行われるダンスの発表会にうちの子供を招待したいと連絡がありました。前年の反省から、随分前からとにかく忙しくなりすぎないように!と気を配っていましたが、うちの子供の行事が終わった後だったので了解しました。とても楽しんだ様子でした。

 

通知表と同時にテストも返却されたので、チョキチョキしてお宝帳に貼らなくちゃね。今日、子供は担任の先生にプレゼントするカードを作成しています。来年は誰先生になるのか、ドキドキです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる