IF法 一回しか書かないで漢字を覚えられるようになってきた!これは楽だわ。

漢字を1度書いただけで覚えられるというIF法。試しに、私も、

 

 をIF法で書いてみたら・・・

 

一発で書けた〜!!!!!! すご〜い!!!!

 

自分で試してみて効果があると確認。子供にもこの方法で漢字を覚えてもらうことにしました。これが定着すればラクなはず。

 

漢字の読みは先行してやっていたので、読むのは得意のうちの子供。本も色々と読みます。その子供がIF法で1日1つだけ漢字を覚えるようにし始めて3ヶ月が経ちました。一年生の漢字は完璧に書けたので、現在、小学二年生の漢字を1日1字覚えています。

 

まずは、漢字塗り絵。書き順通りに色を塗ります。ゆっくり、濃い色で丁寧に塗ります。

 

目を閉じて、再現します。わかりにくいところ、思い出せないところは、頭の中で「ドーン!」と笑っちゃうくらい大きく再現してみます。

 

ノートに、大きめに1回だけ書きます。書けなかったらお宝帳へ。

 

この方法で、2ヶ月目からは1ヶ月に1度くらいしか間違えなくなりました。つまり、ほぼ1回で書けます。ラクです。間違えたのはこの字をこんな風に↓ 気持ちわる〜い!!!

 

漢字練習

漢字練習

 

子供も、気持ちわる〜い!って言っていました 笑。

 

時間にして1日5分程。1回しか書けない!、この緊張感が子供に覚悟を決めさせるそうです。真剣に書いて、書き終わると「ふっ」とため息をつきます 笑。1回しか書けないと思うと、緊張するのだそうです。

 

何度も書かせていた時よりもはるかに効果的です。母もラクになったなあ。

 

別に漢字テストがあるわけではないので、ひたすらマイペースに続けてみます。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる