どんぐり問題で最後に残った2問とは?

あと少しでどんぐり問題を解き終わる!子供には内緒だけど清々している!と書いたのが5月13日でした。

それから2ヶ月後の7月下旬には、残すところわずか2問となりました。

うちの子どもは日本では6年生に相当します。

残っている問題は、2問とも時計の長針と短針の問題。<4MX21><6MX58>です。EX問題も解き終わったのにこの2題がなかなか解けません。

しかし、類題では既に正解しているので、時間の問題かと思います。そのうち解けるでしょう。

ちなみに、どんぐり的にはこの2問の正解を出すまで考え続けさせる、小学校在学中に全てやり終えてしまったら、残りの小学校生活は好きなことに全力を尽くすのに時間を使う、というのが正統なやり方と記憶していますが、

とっとと中学の数学に進ませることにしました。

どんぐり的には全然だめですよね。子供をだめにするとかもったいないとか酷評されそう。

でもいいです。

もう終わったも同然。ほっとしているのと同時に、清々しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西欧で「どんぐり問題」を子供にさせていました

目次
閉じる